プロフィール
クフィール
クフィール
HP「骨董銃具店」
http://kottougangu.net/
にてお客様よりチューン、カスタムのご依頼を受けて製作しております。

お問い合わせは上記アドレス内
(お気に入りにリンクがあります)の
「お問い合わせ」ページよりよろしくお願いいたします。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

2010年07月03日

マルコシ ルガー完結編!!

マルコシ ルガー完結編です!



前回日誌で書いた問題点を再度記載すると

1・ブローバックスプリングの欠損
2・エキストラクターの作動不良?
3・シリンダーを定位置まで前進させられない

ということでした。

ブローバックスプリングはKSCHK33のノズルスプリングで代用
(予備バーツで持っていたので)

シリンダーが定位置まで前進しないのは
バレル長の問題と前回書きましたが
チャンバー接着位置の問題でした。
(だから安易なガチガチ接着はよせと・・・)

インナーバレルは外径8mmの真ちゅう製がお預かりした状態で組み込まれていて
そのバレルを加工してホップの溝を追加、
マルイホップパッキンを加工してホップ仕様(!)にしました。


で、本題はシリンダーASSY!!!

前述のエキストラクター作動不良?の対策も必要なのですが、

「修理されたが故にガンガン遊び、パーツ破損して終了~」

というのが銃が古いが故にどうしても想像されます。


そんなのこっちの責任じゃない、といえばその通りかもしれませんが
せっかく僕を信用して預けてくれたお客さんが多少は長く遊べるように
加工箇所を増やしました。

まずシリンダー最初の画像


結局シリンダーヘッドも取り外し、分解してエキストラクターを加工、修正
シリコンを充填してスクリューにてヘッド再固定しました。

また、ピストンはダイキャストの塊でエライ重量があり
ピストン自体もシリンダーやフレームにもダメージを与えるので
穴だらけにして軽量化しました。
(もっと穴増やせるのですがピストン強度を考えて・・・)

この画像ではまだスプリングはノーマルのままです。

ちょっと・・・スプリング長すぎの感があり、
当然ながらスプリングテンション強いほうがダメージは大きいので
スプリングもカットします。

スプリングカット後の画像がコチラ


さきほどの画像と比べればわかりますが長さを3/4程度にしました。

最初からスプリングを弱くするつもりだったので
それを補うためにホップをつけ、ピストンを軽くして、ヘッドの気密をとりなおした、
というところです。

で、今回もやりました!!!!!!!


マルコシ ルガーP-08 グルーピング!!!!!

さすがに30mはムリなので室内7mで(^^;

いつものA4のターゲット、マルイ0.2g使用です。


まあ・・・いまどきの銃のグルーピングと比べれば
7mでこのグルーピングはどうよ??ということにもなるでしょうが
25年前の銃なことを考えれば充分遊べる範囲になったかと思います。

ではではまた~!  


Posted by クフィール at 20:20Comments(0)マルコシ ルガーP-08

2010年06月28日

マルコシ UXルガー続き

フッフッフ・・・・

まさかマルコシ ルガーの記事が続くとは
皆さん予想されなかったかと思います。

僕も続くとは思いませんでした(笑


ただおそらくこういう写真↓を載せるのはウチしかいないだろう、ということで・・・


マルコシルガーをフル一歩手前まで分解しました!!



・・・いや分解できて当たり前なんですが(汗


だっていくらネットを探してもマルコシルガーの分解写真とかボルト888のチューン記事とかって・・・
まず見当たらない・・・んじゃないでしょうか??

貴重な文化遺産(??)の伝承のために骨董銃具店は活動しております(←ウソ(^^;



で、内部修理と先日書きましたが

1・ブローバックスプリングの欠損
2・エキストラクターの作動不良?
3・シリンダーを定位置まで前進させられない

という症状です。


参考までに僕に依頼をされたお客様はこの銃のセカンドオーナーの方で
最初の持ち主が適当にイジくって失敗した・・・というところの様です。


適当に・・・という理由は
写真上部に見える真鍮バレル

確かUXのハンドガンのノーマルは・・・プラかアルミバレルのはずですし
径があっていないバレルをアルミテープで径を合わせているので
間違いなくノーマルではないです。


まあそれはいいんですが、
問題はバレルの長さ・・・・長いです(^^;

バレルが長いから・・・カートを装填したときにシリンダーが前進しきらないんです。


あとインナーバレルの右側に見えるパーツは
カートが納まるチャンバーブロックです。

これは確かノーマル状態では
フレームに「軽く」接着されているのですが
瞬間接着剤で「ガッチガチ」に接着されていました。


このチャンバーを外さないとインナーバレルは抜けないので・・・・
なんとか外しましたが・・・マッタクモゥ


で、瞬間接着剤をたっっっぷりつけてたんでしょうねぇ

その接着剤の余分なのがエキストラクターにまわった、
ということのようです。


子供がよくやるけど瞬間接着剤ハミ出しガチガチ接着はよせ~!!!(笑


特に自分がイジッた箇所なら
100%完成、というまでは接着はしないほうが良いし、
接着するにしてもこれを剥がさないとバレル外れないのだから
せめて情緒がある接着・・・かビニールテープ巻いて圧入するとか・・・・(^^;

「良い銃の大前提は機関部がキッチリ分解整備ができる銃」です。


・作業予定

バレルは長さを詰めれば良い話ですが
エキストラクターは・・・
シリンダーヘッド外さなきゃだめだろうなぁ・・・

スーパー9をイジッたことある人は想像がつくでしょうが
マルコシのシリンダーは分解できないようになっているんです。

まだシリンダーエンドならなんとかできるんですが
シリンダーヘッドは・・・できるかなぁ

一応エキストラクター自体に弾性があるようなので
まずは組み上げてカートの排出の様子をみてから決めます



・・・・とここまでくればわかりますね

「マルコシ ルガー」の記事はまだまだ続きます(笑  


Posted by クフィール at 20:34Comments(2)マルコシ ルガーP-08