プロフィール
クフィール
クフィール
HP「骨董銃具店」
http://kottougangu.net/
にてお客様よりチューン、カスタムのご依頼を受けて製作しております。

お問い合わせは上記アドレス内
(お気に入りにリンクがあります)の
「お問い合わせ」ページよりよろしくお願いいたします。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2013年04月28日

A&K・M60グリップ

なんと2013年のうちに更新されてる!!

・・・とシャレにならない自虐ツッコミはおいといて(^^;

A&K M60をお預かりして
塗装、グリップの製作を行いました





A&K M60(ベトナムバージョン!?)といえば
まず最初に挙がる難点がグリップ・・・



画像はMk43ですが、なんとベトナムバージョンのM60にも同じグリップがついています!

・・・グリップの型を新規に起こす費用がかかっても、
グリップがまともなほうがA&Kの売り上げが良かったような気がしますが(^^;


M60のグリップ、というとアサヒやTOPのを代用、と連想するとこですが
アサヒもTOPもグリップの材質はプラキャスト・・・
材質的にはかなり弱いです。

M60をグリップだけで保持して暴れるのは
世界的に有名な「あの人」ぐらいでしょうが
それでもM60は重量があるので
できればグリップの固定強度も欲しいとこです。

なので頭を悩ませ、
結果グリップフレームの上半分は
A&K(ダイキャスト)を使い、本体への固定は純正通りに、

下半分はTOP(←間違い、アサヒです)のを使い(オークションで落札入手)、
M8のネジで上半分と連結(A&K純正もそういう構造です)、
上半分を成形してベトナム風に見えるようにいたしました。







あとA&K純正の塗装も「真っ黒!!」という感じだったのを
フル塗装いたしました。


ハンドガードの表面が梨地加工されていて
塗装をしても梨地の印象は変えることはできなかったのですが
実物のハンドガードはもっとツルッとした表面していたような!?

そこがちょっと残念!?

ベースにしたTOPのグリップ(アサヒもですが)が入手困難なので
もしまたこのグリップを製作する場合はグリップの入手からつまづきそうなので
あまり現実味がない記事!?かもしれないですが


ではまた~!














  
タグ :ベトナムM60


Posted by クフィール at 13:17Comments(14)A&K M60