プロフィール
クフィール
クフィール
HP「骨董銃具店」
http://kottougangu.net/
にてお客様よりチューン、カスタムのご依頼を受けて製作しております。

お問い合わせは上記アドレス内
(お気に入りにリンクがあります)の
「お問い合わせ」ページよりよろしくお願いいたします。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ at

2016年03月06日

「ベトベトしま戦か」復活!!

あ、あけましておめでとうございます
(エッ!?もう三月!?)


またまたご無沙汰してすみませんm(__)m

なんか今年は色々やりたいことがでてきました。
もしやりたいことが成功した場合はこちらで記載いたします。

皆様今年もおつきあいよろしくお願いいたします。

さて!
今年最初の記事はまたベトベトの話です!

去年5月、惜しまれつつも最終章を迎えた「ベトベトしま戦か?」が早くも復活いたしました!!


イベント名もリニューアルして…
「ベトベトマニア」
となりました!!

(↑フライヤー出来たそうです)

開催日は4/23,24
開催地は前回までの香取市エリア51(ガーデン)から変更で千葉県四街道市「ビレッジ ワン」に
参加費は二日間で¥3500、だそうです。


ホームページもリニューアルされました
http://www.viet-viet.com

詳細、申し込み等はHPでご確認下さい。
申し込み締め切りは 4月17日 だそうです。

あ!動画での紹介もしないとね!

https://www.youtube.com/watch?v=MnHAxvE4UVg



https://www.youtube.com/watch?v=ZGjiLueQKZA

の2つが参考にするのによろしいかと
(米軍側は!?w)


例によって私は101空挺で参加いたします。
ご参加の皆様、当日はよろしくお願いいたします。

ではではまた!!!

追記

あ!!!!一番大事なこと(??)を忘れてました!

「ベトベトマニア」第一戦
作戦名は
「Operetion Sentence spring」
です!!!

意味は・・・・・・・・・・
考えないでおきましょう笑



  


Posted by クフィール at 12:28Comments(1)ベトベトしま戦か?

2015年11月23日

HPリニューアル完了!!

…といってもHPちょー地味です!汗
http://kottougangu.net

ミリブロhttp://kottougangu.net

twitter https://twitter.com/kfir_kottougang?s=09
でこれからメインで動くので…

…いや、リアルでは仕事はしていてもネットの中では何年も放置していたので「これからメインで」という言葉は語弊があるかと思いますが汗

とにかく更新はミリブロとtwitterで、HPはご連絡の案内と法的な表示のためだけに使うので最低限にしました。

ちなみにウチのHPを最初から知っている方はご存知かもしれませんが、HPページ上部、およびtwitterのロゴにしてるハンコ?の画像がこだわりだったりします。

あ、今度はスマホにも対応してます!

ではではこれからもよろしくお願いいたします!!  


Posted by クフィール at 19:01Comments(0)日誌

2015年11月23日

まだ営業しています…

7か月ぶりの記事…

初めての携帯からのミリブロ投稿w

まだ細々と仕事続けております

最近はA&KのM60のグリップ改造が人気です。
お問い合わせはkottougangu@sb.nikita.jpまで

(画像はお客様よりお預かりで加工した
A&KM60グリップ、今加工終了したての出来立てホヤホヤ(^^)


ではではまた~  
タグ :M60グリップ


Posted by クフィール at 11:51Comments(0)日誌

2015年04月12日

ベトベトしま戦か?最終戦です!

10か月ぶりの更新です汗

更新お待ち頂いていた方、大変お待たせいたしましたm(__)m

ご不安になられるお客様もいらして大変恐縮な次第ですが、仕事やっております。

そして重ねて恐縮ではありますが、
またイベントのお知らせですm(__)m


来たる5月16、17日に
千葉県香取市「GARDEN」(旧エリア51)にて

「ベトベトしま戦か? 最終戦 サイゴン陥落」が行われます。

詳細はこちらから
http://vietviet.nomaki.jp

申し込み締め切りは5月10日、申し込み開始しております。
申し込みお早めにお願いします、とのことです。

泣いても笑ってもこれでベトベト最後!!

私も101空挺で参加します。

もう撤退するのでたらふく食べて帰国します!
こんな感じ!?


(注:生肉をバンドに挟むのはやめましょう笑)


追記:今更ながらミリブロ投稿を初めてスマホからしました。

割と使いやすいですね。

これなら次の更新は近い‥かも!?
(↑狼中年(^^;;
  


Posted by クフィール at 16:42Comments(0)ベトベトしま戦か?

2014年06月24日

訂正

昨日のブログ記事でHPを引越しすると記載しましたが・・・・


やっぱり引越ししません!!!


・・・なんとかHP作り直す算段せねば(^^;  


Posted by クフィール at 18:30Comments(0)

2014年06月23日

またまたお気に入りに追加!&お引越し予定

お、おひさしぶりです・・・・・(^^;


前回(いつ????)に続いて今回もお気に入りの追加をさせて頂きました。



「買い物狂いの忘備録」様

http://slaphead.blog.fc2.com/
です!!!


細かくはお話できないのですが、ご縁がありましてこの度お気に入りに入れさせて頂きました。

今後ともよろしくお願いいたします!!!!!!!!!


さて、話変わって


絶賛放置中の骨董銃具店のHPですが
放置+更新ができない状況が続いているので
この夏にお引越しをする予定です!!

私のことなので、
しばらく本家が存在しないことも充分考えられますがm(__)m

このミリブロは残します!!


あと
それに伴いメールアドレスも変更になります!!

常連様にはその旨改めてご連絡させて頂きます。



あ、ちなみにHPは絶賛放置中ですが、
お仕事は絶賛営業中ですのでお問い合わせ等ありましたらよろしくお願いいたします。
(7月いっぱいは現在のHP、メールアドレスです)


以上よろしくお願いいたします!!!



  


Posted by クフィール at 18:22Comments(0)

2014年03月22日

お気に入り追加!

いや・・・ほんとテンプレート変更しただけなんですが(^^;



前のブログデザイン(テンプレート)の配色だと
サイドバーの文字(お気に入りとか)が読み難かったので



おそらく2008年か2009年に
ミリブロ始めるときに設定をして以来の設定変更!?


で、絶賛放置中のブログでなんでそんなことをしたかというと



とあるきっかけでお話させて頂いた方が
ホームページをお持ちで、
相互リンクをしていただくことになり

(こちらは今HPの更新がツールの問題でほとんど更新できないので
ミリブロのお気に入りに追加するだけで失礼ですが)



お話させて頂いた方のサイトが
(というかサイトをお持ちなことも知らないでお話をさせて頂いたのですが)



私がよくWW2USMCに関して参考にさせていただいていたサイトで


非常にビックリした!というお話。


なのでせっかくだから文字も見易く、ということで



だけどお気に入りに入れるだけだと味気ないので(汗


記事も書かせていただきました。



ということで

「J.H.G THE OLD BREED」様(http://usmc1rc.lolipop.jp/

をお気に入りに追加させて頂きます!!


USMCなハートを熱くさせるサイト様です!!



これからもよろしくお願いいたします!
またサイトにお邪魔させて頂きますね!!  


Posted by クフィール at 22:14Comments(2)日誌

2014年03月22日

ARES M40A3withゼロトリガー

まいどです!

なんと予告通りにARES M40A3の記事を書きます!!(当たり前!?)


・・・と、その前に

前回お知らせした「ベトベトしま戦か?」第17戦に関して
ベトベトしま戦か?公式ブログが久々更新されましたのでお知らせします!

ベトベトしま戦か?公式ブログ
http://vietviet.blog2.fc2.com/blog-entry-33.html



画像の通り、
ご参加申し込みは4月6日までです!

さらにネタに関して悪ノリが進んだベトベト!
私も非常に楽しみです!


さて!
ARESのM40A3の話です!




ノーマルは
VSRを踏襲したチャンバー、シリンダーなどの構成となっていますが
(チャンバーは「コピー」ではないのでご注意を)
マガジン位置が実物同様になっているので
その部分の構造が違い、
そのためトリガーボックスも小さくなっています。


そのトリガーボックスが!!!

う~ん

あまり気分は良くはないです。

トリガーボックス内部画像、スプリングガイドストッパー、およびシアーです。




内部画像はトリガーを外しています。

ボックス右側にあるのがスプリングガイドストッパーです。
(昔の人はボスピンと呼びますw)



シアー構造はAPSタイプのシステムで
2枚目の画像はトリガーシア・・・でいいのかな?なんですが
画像の通り複雑な形状をしている上に
穴が空いているのが・・・確認頂けるでしょうか?


トリガーボックスをレシーバーに固定する際は
シアーの奥に固定ネジがあり、
この穴をドライバーを通して締め込みます。


ネジはM3なのですが、上記のためネジ頭は小さめです。
(1枚目の画像をよくご覧頂くとネジが確認でき・・・・るはずです)


ボルトアクションにとって機械的な暴発は最もリスクが高く、
その意味で

・トリガーボックスの固定がしっかりできない(固定ネジのトルクがまともにかけられない)

・スプリングガイドストッパー、トリガーシアーの材質がアルミでしかも形状が複雑、
ここが壊れれば暴発も考えられますし、
破損したときに中華なので交換部品が入手できるかも甚だアヤシイ


のは改修すべき箇所と考え
タイトル通りゼロトリガー組み込みをいたしました。


(合法スプリングであればノーマルでも当分は大丈夫だと思いますが
今回流速仕様の予定だったので少し強めのスプリングを入れる予定もあったので
万全を期したかったのです)


前置き長くなりました。

加工です。


ARES M40のマガジンは上部にスペースがあるので
ここにトリガーボックスの大型化(通常の大きさ)した分を入れます。

先に完成画像を貼ります!



前方(画面右側)にブロックが追加してあるのは
マガジンのインナー(上下にスライドする部分)を外したので
マガジンのガタ防止に追加した・・・ようは突っ張り棒?みたいなモンです。


実はゼロトリガーでなくても、VSRのノーマルトリガーボックスでも某P〇IのVトリガー(敢えて伏字と名前変更w)でもよかったのですが

ノーマルだとシアー類を社外に全て変えると結局ゼロトリガーに近い値段になるのと
(ノーマルのトリガーボックス自体も取り寄せしないとならないですし)

ゼロトリガーは扱ったことがあるのと、カクカクした形が加工し易そうwだったのが理由です。


取り付け加工自体は上の画像をご覧頂ければ想像が安易にされてしまう範囲のものです。
(もちろん無加工では取り付けできません)

手間かかったのは・・・・

セフティとトリガーですかね。


ご存知な方はご存知な!

ゼロトリガーにはセフティがありません!

安全上もそうですが、
せっかくのM40A3の形がセフティがついていないと拍子抜けしちゃいますよね。


そんなことしたらお客様にも怒られちゃいます(^^;


なのでARESのノーマルパーツと組み合わせて作りました!



ちょっと画像わかりにくいですね。

ノーマルのセフティと真鍮で作った連動パーツです。


話変わって、ゼロトリガーのトリガーは(紛らわしい・・・)
当然ながらマルイのVSRに合わせてつくられています。

これをM40A3に入れると寸足らずの悲しい状態になります・・・・

先ほどのセフティと同じく、それではM40A3が泣く!!!ということで
トリガーも移植しました!



ゼロトリガーのトリガーとM40のトリガーを切り刻んでスペーサーとネジで連結してプラリペアで成形しました。

上部にネジでピンを立てて、
このピンをセフティの連動パーツがブロックしてトリガーをロックします。


ゼロトリガー組み込みに関してはこんな感じです。


流速仕様に関しては
バレルはORGA様のMagnusバレルを、
チャンバーはホップのエレベーターと気密に関して加工しました。

チャンバーが樹脂製なのでそこに不安がありましたが
性能は満足いくものになりました!


VSRの流速に関しての細かい部分は
きっと記載されているサイトがあるはずですので
敢えてこちらでは記載いたしませんが
お客様と試射に行き、
50m無風でマンターゲット(をイメージしたペットボトルの箱w)を外しませんでした!


もちろんゼロトリガーなのでトリガープルも軽かる!です。


あ!ひとつだけ書かせてください!


最近流速で組んでいる銃も多いですが
流速の場合は重い弾で初速を測って合法範囲内かチェックします。

なので「流速作った!0.2gで97だからOK!」という話をたまに聞きますが
その数値だと重い弾で計測すると違法状態になるのでご注意を。



もちろんこの銃は重量弾でも計測して合法なパワーにしてあります!



さ~て!
次回の予告は!

検索したところ誰もチューニング記事をまだ書いていないらしい
(分解記事はありました)
S&T/Umarex Beretta ARX160です!

これもお客様のお預かり銃です。

ものっすごく出来は良いのですが、
ホップに関してはビックリドッキリハニャララハラホレヒレハレ~~~~~
という感じです(意味不明)

きっとブログ更新いたしますのでお楽しみにされてください。

ではでは!
  


Posted by クフィール at 13:45Comments(1)ARES M40A3

2014年02月23日

ベトベトしま戦か?第17戦です!!

・・・・・あけましておめでとうございます(^^;




毎度絶賛放置中でスミマセン(^^;

今年もよろしくお願いいたします!!

たまに勘違いされるのですが、
骨董銃具店はずっと活動しておりますので
今年も何卒よろしくお願いいたします。



さて、すっかりベトベトお知らせブログとなておりますが
今回もベトベトのお知らせです!!!(←開き直りw


あ、先に予告(願望)です。

次回ブログはARESのM40A3の内容です!

書ければイイナァ(オイ



さて、ベトベトしま戦か?第17戦ですが

来たる平成26年4月12日&13日開催です!!


今回は「明日、ナムにいない」というテーマです。









・・・・・もちろんこの子役の子とは関係ございませんw




ナムな皆様、孤児が増えないよう(?)ご参加よろしくお願いいたします!!

私も101空挺師団で参加予定です!!



「ベトベトしま戦か?」ってナニ?&ご参加申し込みに関しては
ベトベトしま戦か?公式サイト
http://vietviet.nomaki.jp/
にてご確認くださいませ。


それではまたいつの日か~~(^^  


Posted by クフィール at 17:15Comments(0)ベトベトしま戦か?

2013年09月01日

「ベトベトしま戦か?」ってどんなの??

さきほど
「ベトベト16は10月5日&6日です!!」(http://kottougangu.militaryblog.jp/e468767.html)と
「ベトベトしま戦か?」第16戦の開催&受付開始の告知日記を記載いたしましたが、
未参加の方に「ベトベトしま戦か?」とはなんぞや???と内容のご説明がなかったので
追記いたします。


詳しくは「ベトベトしま戦か?」公式サイト様(http://vietviet.nomaki.jp/)をご覧頂くとして、
簡単にご説明すると「ライト感覚=細かい年代設定をせず、単純にベトナム戦争の再現を楽しもう!!」という
イベントです。


リエナクトイベントはサバゲと違い、戦闘の勝敗よりも「戦闘の再現」に重きをおいてますので
「弾をいっぱい撃てば勝つ」なんてこともないですし
弾に当たれば「ヒット!」→「セフティゾーン」ではなく
撃たれた演技をして衛生兵が治療して復帰(復帰は1回)、再度撃たれれば戦死、となります。


戦死となっても、作戦時間は概ね、午前2回、午後2回とあり
本部に帰還すれば復帰となりますので「ずっと戦死したまま」ということはありません。


戦闘区域のエリア51内には農民もおりますし、
XX村(脳内変換で)もあります。


参加されている方々も、私見ではありますが
他のイベントより「戦争映画のネタ再現」に凝っている方が多いように思います。




あと「ベトベトしま戦か?」といえば前夜祭!!

ステージ上で「どこかの映画で観た」慰問ショーが繰り広げられます。
(詳細は参加されてのお楽しみ!?)



上記はあくまで私見も含みますが
ひとつ確実にいえることは・・・・


ベトナム装備が好きで集められてて
たまにその装備でサバゲにもご参加されている方、


・・・・せっかくベトナム装備で行っても
周りの人はマルチカムだったり、よく知らない装備だったり、銃にレールが山ほど付いてて
一人違和感を感じたことはありませんか?



ベトベトはサバゲではないので、サバゲとはルール、勝手が違う面もありますが、
ベトナム装備の貴方に上記サバゲのような寂しい思いをさせることはありません!!と断言いたします!

画像は先の日記で貼った「アホカリプス2012」のYOUTUBE画像ですが、
ご覧のように青緑の集団がいることは間違いありません!


では改めて

ベトベトしま戦か?公式サイト様
http://vietviet.nomaki.jp/
にて参戦受付を行っております。


興味ある方、一緒にベトベトいたしましょう!!
  


Posted by クフィール at 21:30Comments(0)ベトベトしま戦か?

2013年09月01日

ベトベト16は10月5日&6日です!!

まいど!

今日は告知です。

ベトベトしま戦か?第16戦「Operation Double revenge」が
10月5日、6日に千葉県のエリア51で開催されます!!

話の順序が少し変わりますが、
去る8月24,25日に本栖湖にて「アホカリプス2013」が行われました。

ご参加の皆様お疲れさまでした!

アホカリプス当日は朝から雨で、フィールド内の安全性を考え
戦闘は時間を短縮して行われました。

ベトベト16はアホカリプスで思い切り戦闘できなかった分の
「Operation Double revenge」、つまり今流行の「倍返しだ!!!」ってことだそうですw

いつもの告知は何かしら勝手な画像を貼っているのですが、
今回は「倍返しだ!!」の画像が秀逸で爆笑してしまったので
ベトベトしま戦か?公式サイト様から画像お借りいたしました




ということで、
ベトベト16の参戦受付はコチラから
「ベトベトしま戦か?」公式サイト様
http://vietviet.nomaki.jp/

私自身も101Abnで参戦いたします。

それでは皆様お誘い合わせの上、
現地で「倍返し!」してやりましょう!!!!(誰に??w



  


Posted by クフィール at 13:34Comments(0)ベトベトしま戦か?

2013年07月15日

MAG M249 100rd型2500rdマガジン

さて、続いて・・・

お客様のオーダーで
MAG製 M249 2500rdマガジンを加工いたしました。

なんじゃそのマガジン!?という方、
ミニミのこのマガジン↓のことです。


このマガジン、実は元々入っているモーターがこんなに小さい物で↓

(左側はマブチのFA-130,右側がMAG純正モーター)


お客様から「モーター等消耗した時に対処がとれない」ということで
モーター変更(ミニ四駆モーター化)の加工を承りました。


と言っても、
純正のギアボックスにそのままミニ四駆のモーターが取り付けできるわけもなく


ということでタミヤの「楽しい工作シリーズ」のギアボックスをベースに
ギアボックス変更をすることにいたしました。


私は小学生の頃、楽しい工作シリーズを色々作ったので
非常に懐かしさを覚えるとともに、
「最近のは進化してるんだな~(当たり前ですが)」と驚いたり(^^;



あと問題なのが
内部の多弾数マガジンのダイヤルとの連結・・・

ノーマルは専用のパーツでダイヤルと連結されているのですが
それは樹脂製のパーツなので加工は放棄w


代わりにこんなパーツを作りました。


画像中央の黒い円筒形のパーツがそれです。
(大げさにスチール製だったりします(^^;)


通常の多弾数マガジンを電動化するときは
ダイヤルが大きいのでネジ止め等色々できるのですが
このミニミのマガジンのダイヤル部は
構造上スペースが少ないので
上のようなパーツでダイヤルセンター及びその周辺をホールドするようにいたしました。


あと!
ノーマルの駆動バッテリーは006P乾電池(9V)ですが
この乾電池は電圧が高いだけで容量自体は少ないこと、
ミニ四駆モーターを壊す可能性が高いということで
単4電池x3仕様にいたしました。
(006Pの容量は単6、という扱いになるとか)


組み上げた内部がコチラ


ギアボックスはマガジン側壁からスペーサーで浮かせて
中央にくるようにしてあります。

あと実はこのあと、あまりにも配線が貧弱なので
プッシュスイッチから伸びるコードを含め
全て配線引き直しました。


スペーサーの分とギアボックスが大きくなった分、装弾数は減りますが
信頼性は上がったと思います。

(ギアボックスを浮かせるのをスペーサーではなく
高床式住居のように(笑)浮かせようかとも思いましたが・・・・

今回」はお客様が装弾数減ってもかまわない、とのことだったので
信頼性を取りました)


今回は久しぶりに長い記事で
うまく纏まってない気もしますがご勘弁を


それではまた!
  


Posted by クフィール at 18:03Comments(1)日誌

2013年07月15日

アホカリプス VN リユニオン 2013告知されました!!

やっと更新!!
皆様また本年度中に更新されました(汗

さて、まずは・・・・

サムズミリタリ屋様のHP(http://www.sams-militariya.com/)のトップページにて
「アホカリプス VN リユニオン 2013」の日時と申し込み方法が告知されました!

日時は 8/24(土)、25(日)です。

申し込みの締め切りは8/18(日)、
今回申し込み方法が少し異なるので
詳細は上記のサムズミリタリ屋様のHPからご確認ください。

場所はいつもの本栖湖です!!

私も101ABNで参加いたします!

「アホカリってなんじゃ!?」という方のために
昨年のアホカリで撮影された広報動画を貼っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=SIWDenqJvl8


画像は上記YOUTUBE動画からの静止画です。


あ・く・ま・で 広報動画ですので
当日の作戦中に爆破が起きたり、航空機支援が来たりはしませんがw
上の画像のように青緑の集団がワンサカいますのでご安心を!?


アホカリ広報活動のためにYOUTUBE動画アドレス及び画像をお借りいたしました。


ではまた~!

後ほど銃関連の記事アップしま~す!





  
タグ :アホカリ


Posted by クフィール at 16:53Comments(0)アホカリ

2013年04月28日

A&K・M60グリップ

なんと2013年のうちに更新されてる!!

・・・とシャレにならない自虐ツッコミはおいといて(^^;

A&K M60をお預かりして
塗装、グリップの製作を行いました





A&K M60(ベトナムバージョン!?)といえば
まず最初に挙がる難点がグリップ・・・



画像はMk43ですが、なんとベトナムバージョンのM60にも同じグリップがついています!

・・・グリップの型を新規に起こす費用がかかっても、
グリップがまともなほうがA&Kの売り上げが良かったような気がしますが(^^;


M60のグリップ、というとアサヒやTOPのを代用、と連想するとこですが
アサヒもTOPもグリップの材質はプラキャスト・・・
材質的にはかなり弱いです。

M60をグリップだけで保持して暴れるのは
世界的に有名な「あの人」ぐらいでしょうが
それでもM60は重量があるので
できればグリップの固定強度も欲しいとこです。

なので頭を悩ませ、
結果グリップフレームの上半分は
A&K(ダイキャスト)を使い、本体への固定は純正通りに、

下半分はTOP(←間違い、アサヒです)のを使い(オークションで落札入手)、
M8のネジで上半分と連結(A&K純正もそういう構造です)、
上半分を成形してベトナム風に見えるようにいたしました。







あとA&K純正の塗装も「真っ黒!!」という感じだったのを
フル塗装いたしました。


ハンドガードの表面が梨地加工されていて
塗装をしても梨地の印象は変えることはできなかったのですが
実物のハンドガードはもっとツルッとした表面していたような!?

そこがちょっと残念!?

ベースにしたTOPのグリップ(アサヒもですが)が入手困難なので
もしまたこのグリップを製作する場合はグリップの入手からつまづきそうなので
あまり現実味がない記事!?かもしれないですが


ではまた~!














  
タグ :ベトナムM60


Posted by クフィール at 13:17Comments(14)A&K M60

2013年03月30日

来週はベトベトしま戦か?第15戦です!

大変大変ご無沙汰をして申し訳ありませんです・・・・
・・・・・・・もう2013年ですか(汗

さて!タイトルの通り、
次の週末、4/6,7に「AREA51」にて
「ベトベトしま戦か?」第15戦・Born on the Thirty-One of December
が開催されます!!

詳しくはコチラまで↓
http://vietviet.nomaki.jp/index.html


当店の営業に関しては
更新は一切放置でしたが、
お客様からのご依頼の作業は行っておりました。

もちろんお客様からのご依頼も引き続き承っております!

最近のご依頼の内容は、といいますと

(マルイVSR+CAW・M24ストック+AVARON・MARS(MARSも大改修でした・・・

とか


(マルイ ガバメント・エアコキの塗装です)

とか


(マルイM733をBHD風に)

等々です。

ではまたいつの日か・・・・
ではなく近い内に!!



  
タグ :VSR-M24


Posted by クフィール at 14:24Comments(1)ベトベトしま戦か?

2012年01月19日

あけまし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・あけましておめでとうございます(汗


おひさしぶりです!!!

ブログの更新をかなりしばらくサボっていましたが
今年は書いていきますので(きっと
またよろしくお願いいたします!!

1発目は例によって
「ブラスト&塗装やってます!!」
の話で
まだ途中段階ですが色あいを画像で
お客様に確認して頂くのを兼ねてアップ

お題はA&K Mk43です







この段階で樹脂パーツ(トップカバー、ストック、グリップ)以外の全パーツ(ダイキャスト)を
ブラスト&塗装しています。

このMk43は依頼を受けてこちらでオークションで取り寄せをかけた物で
お客様曰く
「別なとこで実際にA&K Mk43観たけどA&K純正の色が許せない!!」
ということでフル塗装となりました。

ネットで実銃の画像を何点かチェックしました。

敢えて昔の銃の表面を意識した塗装も混ぜてますが、
基本M60シリーズといってもMk43になると
実銃は近年の表面処理の色をしています。
そこの表現が、
ともすると「おもちゃっぽい色」ということになりかねないので
そうはならないように留意いたしました。


あともう一点、
「チョコっと塗装」でマルイAK47のハンドガード、ストック、グリップを塗装しました。

これはレストア品ですが、外装が綺麗な状態だったので
ご覧のように比較的綺麗な状態で仕上げました。

このオーダーは近隣の私の後輩からなのですが、
ひとしきり戦闘で使用すれば
(特にダイキャストパーツが)塗装はげてくると思うので
その段で次はダメージ塗装を奨めてみます


ではまた近いうちに~~!?!?

(追記)
AKの画像貼り忘れ(汗


  


Posted by クフィール at 21:48Comments(1)A&K Mk43

2011年09月14日

「ベトベトしま戦か?第12戦」申し込み・・・・

・・・・スミマセン、とっくに「ベトベトしま戦か?」の参加受付開始されてました(^^;
http://vietviet.nomaki.jp/

「とっくに申し込みすませたわい!」
という「熱いベトナム野郎」諸兄(?)も多いかと思いますが、
まだ検討されている方は
是非ベトナム国千葉県カトリcityにて(ドコ?w)
一緒にベトベトいたしましょう~~~~~


まずはその前に「アホカリプス2011」が今週末にあります。
私は101Abnにて参加いたします。

準備は・・・・・・・・・・
全然できていなかったりするのですが(^^;



「戦意高揚映像」の準備だけはいたしました(笑)

ベトナムで101といったらやっぱりコレ!!

'HAMBURGER HILL COLLECTOR'S EDITION'  です



そしてお客さんの作業の合間に
ハンバーガーヒルを観ながら、買いだめしておいたコレ↓を組み上げねば

アリイ(旧LS)のハンドグレネードとスモークグレネードです。

まったくの「プラモデル」で材質もそういう樹脂なので
補強しながら組まないと

一緒に映っているパイナップルは
「BB弾入れ」として売られてた(今も売ってるのかな?)ものです。


これはパイナップルとレモンがあるのですが
何故アップルがない!?

↓こんなの!?



もちろんアップルのダミーは商品として世の中にあるのですが
このシリーズは値段が手ごろなので
あるとうれしかったりします。


ではではまた!  


Posted by クフィール at 22:53Comments(1)ベトベトしま戦か?

2011年08月21日

大変ご無沙汰しております



約2か月ぶりの日誌・・・
もはや日誌ではないですが

夏も終わってしまいました(^^;

ブログは放置しておりましたが
お客様からオーダー頂いての銃の改修は
もちろん行っていましたし
これからもオーダー承りますのでよろしくお願いいたします。

ご依頼頂いている銃が多く、
今のところ作業開始まで日数をいただきます。

今銃をお預かりしているお客様、
申し訳ありませんがもうしばらくお時間くださいませ。


9月に入ると、
9月17、18日にサムズミリタリ屋様主催の
「アホカリプス in VIETNAM 2011」があります!
(詳細はサムズミリタリ屋様のHP内
http://www.sams-militariya.com/ibent/ibent/ahocalips2011pdf.pdf にて)

私クフィールも101空挺で参加いたします!


引き続き10月1、2日に
「ベトベトしま戦か?第12戦・ラムソン719」が開催されます。
こちらは参加受付始まりましたら
またブログでもお知らせいたします!!


近況としては
ブラストマシンを買い直しました。

以前から使っていたのですが
色々な面で効率が悪かったもので・・・(^^;

おかげさまで中華の改修の依頼もそうですが、
ブラスト、塗装のご依頼も多く頂戴しています。

(改修で分解した時にブラスト、塗装というご依頼ももちろん承ります)


ではではまた!


  


Posted by クフィール at 22:38Comments(0)日誌

2011年06月22日

弾速計変えました

今日は短い話で
(と思いましたが長い話になりました・汗)


法規制ができてから
お客さんのためにも私自身のためにも
弾速計はその意味合いは大きい物になっていると思います。


あまり口にしている人を見たことがないですが
弾速計の数値はメーカーによってもバラバラですし、
同じメーカーの同じ種類の弾速計でも
数値は同じになるとは限りません。


当店ではお客様より銃をお預かりして
チューンして返却しています。

お客様のほうで弾速を測る環境があれば
お預かり前のお客様で測った弾速をお聞きして
こちらで作業開始前に弾速を計測すれば
「修正値」が計算できます。

修正値が出せれば
お客様が弾速を指定されたときに
お客様の環境で計測した時に近い値を狙うことができます。



まあ「ドンピシャじゃなきゃダメ!」とおっしゃる方もいないですし
「弾速」と例えば「飛距離」は比例するわけではない、というのも皆さん理解いただいているので
修正値が絶対必要なわけでもないですが



ただ!

私が自分の弾速計を理解しておくのは重要です。

まかり間違って「低く表示される弾速計」を使用したら
お客さんに違法な銃をお渡ししてしまうことになるので

(規制値ギリギリを、とおっしゃる方もいないですし
当方とお客様との意見の一致で「90前後」となる場合がほとんどですが)



「どの弾速計の値が絶対正確??」
といわれれば、回答は
「そんなの誰にもわかりません」
と答えるしかありません。


ただし、上に書いたように
「他の弾速計と比べてどうか」という傾向は
皆さんから頂いた弾速の情報から「事実」として判ります。



すっげ~前置き長くなりました(^^;

誰かが「今日は短い話」って書いてたような・・・



今までこちらではライラクスのBBチェッカーを使用してきました。


「傾向」としては
「3~5m/s高く表記される」がほとんどです。

まれに「数値同じだったよ」という意見を頂く程度です。



ただBBチェッカーはマズルアタッチメントに取り付けるタイプなので
マズルにネジ切られていない場合ちょっと大変、

さらにセンサーと本体の間のコードがいかれてきたので
(電話線に似てますが似て非なるコードです)
弾速計を買いなおしました。



話題の(でいいのかな?)アレです

「XCORTECH X3200」です


BBチェッカーと比べて数値はどうか、というと

「同じ」でした。

違っても1m/s程度です。


総評を一言で書くと
「メチャクチャラクです」

BBチェッカーを悪く言うわけでもないですし
(フォローフォロー(^^;
例えばその前に使っていた「クローニー」だって
光源による変化が大きかったので決してラクではありませんでした。

それを考えるとほんとにラクです。


ただ・・・・

これはTAIWAN製で
別にどこの国のメーカーの物でもいわゆる中華製は珍しい話ではないですが
(あ、この弾速計に不良品が結構出てるなんて話あるみたいですが)


「発想の問題」として中華がこれを出したのは
ちょっと複雑な気分かも


もっと日本メーカー頑張ってくださいな(^^;



  


Posted by クフィール at 18:32Comments(3)日誌

2011年06月19日

スノーウルフM24チューンやってます

まず最初に・・・

またまたエライ更新が遅れて申し訳ありません。

作業が立て込んでいるのでこの後もなかなか更新できないかもしれませんが
「あいつは何しとるんじゃ~」と更新お待ち頂いている方へ・・・

twitterはじめてみました!!
https://twitter.com/#!/kfir_kottougang

始めたばかりで
まだtwitterの検索には出たり出なかったりなので
上記のプロフページからアクセスされてください。
(↑自分もtwitterの流儀がまだよくわかってないですが(^^;

ここよりもう少しくだけた感じでつぶやいてます(^^


さて、タイトルのM24、
先日グルーピングをアップしたスノーウルフのM24とは別なお客様のを
ひととおり作業完了して昨日少しだけ試射をして
(天気悪かったのでチェックだけで終わりましたが)
今グルーピング取り前の最終チェック段階です。



本家HPのご案内も遅れていますが
この銃で内容確定させて記事をアップさせる予定です。

とは言いながら最新銃なので
細かい内容記載はご勘弁いただいて・・・

オーダー、もしくはご相談頂いた方には
内容説明をいたします。

あらましだけ書くと
・大きく分けて改修箇所9箇所(細かく書くともっとありますが)
・チャンバーパッキンはマルイVSRパッキンをベースにした物を使用
・自作パーツも含みますがほとんどはノーマルパーツベースの改修です。
・ホップの伸び、命中率の改良、および持病のハンドルロック不良の改良、ハンドルのガタも治します

代金は¥7000です。

カスタムパーツ交換をご希望の場合はそのパーツ代が加算されますが、
この¥7000の内容で基本作動的なことは不足なくお使いいただけるようにします。

スノーウルフM24でお困りの方、どうぞよろしくご検討ください。




続いて


STAR(ARES)のMK43のオーダーを完了し、今A&KのMK43をやってます。


先日ストーナーでマガジンの独立制御の動画をアップしましたが
STARのMK43にもこの考え方をあてはめ、A&KのMK43も同様に独立制御にします。


「構造はシンプルに」というのは耐久性UPへの大きな要素で
それから考えるとシンプルと逆なことをやっていますが
「一つの部位には一つのことしかやらせない」というのもある意味シンプル化だとは思います。

なにせ「マガジンの独立制御」って言葉はたいそうに言ってますが
電池ボックス(4.5V)とミニ四駆のモーターと接点しかないんですから
言ってみれば小学生の工作でも扱えるレベルですし、
銃の中で他の部分から受ける影響もないので
その意味では「シンプル化を進めている」と考えています。


A&KのM60はサイクルコントロールが「ウリ」のひとつですが
お客様のご希望によりその辺りも全て除外して構造をシンプルにします。



あとここからは異論があるでしょうが・・・・

中華のM60、ミニミクラスにおなじみのFETも使用しない方針にしました。

もちろんスイッチの強化はして
既に引渡しをしたSTARのMK43はテストを多く行い、スイッチの耐久性に問題がないことを確認しました。


目指したのはTOPのM60、
色々難点が多い銃でしたがスイッチ、というより接点は単なる真鍮板3枚でできていて
「これ以上のシンプル化はない」という物で接点に関してはトラブル少なかったように思います。



接点はセミ/フル切り替えがあれば(マルイみたいに)
多少構造は複雑になりますが
フルオートしかなければ極論金属板が2枚あれば接点は作れるのですから

・・・実際は3枚ないと厳しいですが、
STARのMK43のスイッチボックスに最終的に入れたのは

・配線からの真鍮板x2
・その二つの橋渡しの真鍮板(上下に可動)
・その板を押すブロック
・その板を戻すスプリング

これだけで、接点は「面」で接触してそれゆえ消耗も考えにくいです。


もちろんFETを入れることによる利点はあるでしょうが
当店はこの考え方でいこうかと思います。



じゃあ「電子部品疎いのか?」と言われれば
「ほんとにイヤ!」というほどやりました。

先日アップしたM1カービンはFETをPIC制御してセミオートにしています。

なのでプログラムの書き換えとスイッチを増やせば後からM2カービンにもなる仕様・・・

あ、外観を初期型にしたのでもうナシか?というとこなんです。


スイッチを入れる場所が小さければFETは有効だと思います。

あと電動ハンドガンやコンパクトマシンガンはスイッチの耐電流容量が小さく
(スペース的な問題で)
スイッチの消耗が懸念されるので
それらにはFETは保護の意味で有効だとは思います。



ということで以前書いたように
「トラブルが懸念されるので通販でこれを製作するのは承りかねます」が、
M1カービンの動画をアップしました。

セミオートで動いてます。
http://www.youtube.com/watch?v=dkd4mHmwo1k


今回長文&文字ばかりで申し訳ないです。

ではではまた!
  


Posted by クフィール at 16:37Comments(4)スノーウルフM24